アール・エフ・ヤマカワの商品は公式通販でお求め頂けます

扉の調節方法について

収納家具に使われている開き戸の金具の調節方法について説明します。

調節方法

 

本体内側の蝶番のネジを、プラスドライバーで調節することで扉の位置の調整ができます。

詳しくは以下をご参照ください。

 

①左右調節 - ② 前後調節 - ③ 上下調節

 

① 左右調節

 

扉を右方向に調節したいときは

 

本体側の蝶番の中央のボルト(A)をプラスドライバーで時計回りにまわすと、、

ボルト(A)が奥へ引っ込み、閉めたときの扉の位置が右方向へ調整されます。

これで完了です。

 

 

左方向に調節したいときは

同じ中央のボルト(A)を先ほどとは反対に、反時計回りにまわしてください。

ボルト(A)が手前に出てきて、閉めたときの扉の位置が左方向へ調整されます。

これで完了です。

② 前後調節

 

扉を手前方向に調節したいときは

本体側の蝶番の一番奥のボルト(B)をプラスドライバーで反時計回りにまわしてゆるめます。

ボルト(B)がゆるんだ状態で蝶番を手前にゆっくりスライドさせ、引き出してください。

調節できたら、ボルト(B)を時計回りにまわして締め、固定します。

これで完了です。

扉を後ろ(奥)方向に調節したいときは

本体側の一番奥のボルト(B)を反時計回りにまわしてゆるめ、

蝶番を奥にスライドさせてください。

調節できたらボルト(B)を時計回りにまわして締め、固定します。

これで完了です。

③ 上下調節

 

扉を上方向に調節したいときは

本体側の蝶番の上下2箇所のボルト(C)をプラスドライバーで反時計回りにまわしてゆるめます。

2つのボルト(C)がゆるんだ状態で、蝶番を上に押し上げて調節してください。

調節できたら、2つのボルト(C)を時計回りにまわして締め、固定します。

これで完了です。

 

扉を下方向に調節したいときは

本体側の上下2箇所のボルト(C)を反時計回りにまわしてゆるめた状態で、

蝶番を下に押して調節してください。

調節できたら2つのボルト(C)を時計回りにまわして締め、固定します。

これで完了です。

ページの上へ戻る

ジョイントシャフトとカムロックの使用方法写真で解説家具の組み立て方カラーチップ手軽にできる家具の補修1手軽にできる家具の補修2お客様の声素材とインテリア用語のマメ知識アールエフヤマカワ公式通販アールエフヤマカワ楽天市場店アールエフヤマカワ直営ショップYahoo店R.F.YAMAKAWA公式フェイスブックページへ

商品情報

企業情報

アーカイブ

お問い合わせ