アール・エフ・ヤマカワの商品は公式通販でお求め頂けます

コンパクト演説台の組み立て

コンパクト演説台(RFEN-4040DB)を組み立てます。
商品同梱の組立説明書と合わせてご覧ください。

準備

組み立てにはプラスドライバーをご用意ください。
作業は2人以上で行ってください。

 

組み立てを行う場所には、パッケージのダンボールを広げて下に敷くなどして、床や家具に傷が付かないようご注意ください。

コンパクト演説台

手順-1

左脚部(A)、右脚部(B)、前板(E)のナットが埋め込まれている部分に、ジョイントシャフト(F)を回し入れ、ドライバーで締め付けて固定してください。

 

コンパクト演説台の組み立て

手順-2

天板(C)を写真のようにして、右側板(A)に取り付けたジョイントシャフト(F)に差し込んでください。

 

*このとき、カムロックの矢印が、差し込み口を差していることをご確認ください。

 

コンパクト演説台の組み立て

手順-3

天板(C)のカムロックをプラスドライバーを使って締め付け、固定します。

 

*90度から180度回すと締め付けられます

 

 

コンパクト演説台の組み立て

手順-4

同様にして、棚板(D)も右側板(A)に取り付けたジョイントシャフト(F)に差し込んでください。

 

 

コンパクト演説台の組み立て

手順-5

手順3と同様に、棚板(D)のカムロックをプラスドライバーを使って締め付け、固定します。

 

*90度から180度回すと締め付けられます

コンパクト演説台の組み立て

手順-6

次に、左側板(B)に取り付けたジョイントシャフト(F)を、天板(C)・棚板(D)の横穴と位置を合わせ、上から差し込みます。

2人以上で持ち、慎重におこなってください。

 

 

コンパクト演説台の組み立て

手順-7

きちんと差し込めたら、1人が左側板(B)を支えた状態で、もう1人が天板(C)裏のカムロックをプラスドライバーで回し、固定します。

 

*90度から180度回すと締め付けられます

 

コンパクト演説台の組み立て

手順-8

同様に、棚板(D)裏のカムロックも締め付け、固定してください。

 

 

コンパクト演説台の組み立て

手順-9

ここまで組み上げた本体に、前板(E)を取り付けていきます。

前板(E)を床に置いた状態で、本体を2人で慎重に持ち上げ、前板に取り付けたジョイントシャフト(F)と本体側の穴の位置を合わせ、ぴったり差し込んでください。

 

 

コンパクト演説台の組み立て

手順-10

きちんと差し込めたら、左右側板(A・B)、天板(C

)のカムロックをすべてプラスドライバーで締め付け、固定します。

 

 

コンパクト演説台の組み立て

*90度から180度回すと締め付けられます

コンパクト演説台の組み立て

すべてのカムロックが正常に締結されているか再度確認してください。

 

 

コンパクト演説台の組み立て

手順-11

2人以上で本体を慎重に起こします。

 

その後、すべてのカムロック部分に付属のカムロックキャップ(G)を取り付けてください。

 

 

コンパクト演説台の組み立て

手順-12

設置の際には、底のレベルアジャスターを調節し、床と天板が水平になるように設置してください。

 

*床に設置していないアジャスターを回し、がたつきのない状態でご使用ください

 

 

コンパクト演説台の組み立て

完成です!

 

 

コンパクト演説台の組み立て

ページの上へ戻る

ジョイントシャフトとカムロックの使用方法写真で解説家具の組み立て方カラーチップ手軽にできる家具の補修1手軽にできる家具の補修2お客様の声素材とインテリア用語のマメ知識アールエフヤマカワ公式通販アールエフヤマカワ楽天市場店アールエフヤマカワ直営ショップYahoo店R.F.YAMAKAWA公式フェイスブックページへ

商品情報

企業情報

アーカイブ

お問い合わせ